Twitpicの Profile Widget など貼ってみた。

Twitpicの Profile Widget など貼ってみた。

【2014.09.18 追記】Twitpicは2014年9月25日をもってクローズ予定

昨日、ブラウザで自分のTwitpicのページを眺めていたら、右サイドにPhoto Widgetというリンクができているのに気づきました。Check out our new photo widget for your site or blog!「ヘイちょっと、サイトやブログに付ける新着フォトウィジェット見てみてよ!」なニュアンス?

オーケイボブ! ということで見てみたら、なかなかシンプルでよいじゃないか。左でカスタマイズ、右がプレビュー。(ちょっと加工して二種類いっぺんに見せてますけど)

Twitpicの Profile Widget

テーマとして選べるのはThumbnail Grid Vertical(左)とStandard Vertical(右)の二種類。

カスタマイズできる項目は、上からウィジェットの背景色・枠色・リンク色、ツイート部分の背景色と文字色、ウィジェットの幅、表示させる画像の数、Standardタイプでの日付の有無。

カラーコードを入れなくてもピッカーが現れるので選択できます。ただ、色関係は右のプレビューに反映されるんですけど、幅や画像数は反映されないのよね。うちの環境だけかなこれ。

そんなこんなで出力されるJavascriptのソースをブログに貼り付けると。読み込みは速いほうですが、画像の数はデフォルト以下にしておいたほうが無難かも。

左のThumbnailのタイプで、幅広げて横一行で使ってもよいですな。ヘッダやフッタの文字はカスタマイズできないけど、お手持ちのCSSでdisplay: noneにするのは可能か。

というわけで、インデックスのテンプレートにだけウィジェットを付けてみました。http://mkb.salchu.net/ よりどうぞ。

Twitpicについて

Twitterに画像を投稿する場合、前はTweetPhotoだのmobyだの、そのときに使っているクライアントで送りやすいサービスでやっていました。でもあとから見返すとき、画像が一つの場所にないのもアレなので、対応クライアントやアプリが多いTwitpicで統一するようにしています。

iPhoneアプリのEchofonでは、Twitpicだと待たされたりエラーになったりしたのですが(今は改善された?)、最近使っているTweetListや画像アプリでは特に支障がないですしね。画像加工アプリも、Twitpicに対応していると楽ですねー。

ただ、携帯電話で使おうとするとどうなんだろ。iPhoneを買う前、携帯電話のメールでTwitpicに送ると日本語のキャプションが化けたりしてたんですけどね。

モバツイ開発者blogの写真送付先にTweetPhotoを追加いたしました。というエントリを読んだら、携帯百景だけではなくてTweetPhotoやTwitpicも使えるようになっていてびっくり。ただ相性はよくないようで、結局は百景になっちゃうんでしょうか。あ、いや、別にTwitpicの中の人じゃないんで全然よいのですけど。

しかし、携帯電話のTwitterクライアントって増えたねえ。(携帯電話からTwitter – TwitterまとめWiki