水出し茶つくるのだつくるのだ

2015年9月14日飲食飲みもの

あついっす。あついっす。寝不足ッス。
不眠には今まで無関係だった私なのに、扇風機が止まるたびに起きてしまうとは。うち、寝室にエアコンがないんですよ。いっときは毎日4時ごろtwitterに「起きた」「あつい」とツイートし、夜明けを見ておりました。

でもここんとこちょっと夜は涼しいですね。久しぶりにぐっすりと…あいや昨日は一回起きたんだった。外は涼しいのに、カーテンが風をせき止めていて汗まみれになって。あまりに眠すぎるときはそのまま気絶しちゃうんですけどね。

そんなこんなで!
冷茶です。熱いハートを冷やしましょう。

熱いものを飲んだほうが結果的に身体は冷えるのかもしれませんが、んなこと言ってられますか。おれはおれはおれはおれは冷たいものが飲みたいんだぁぁぁ!!

数日前、twitterで冷茶について会話したのを思い出したので、今日のネタにします。

最近のお気に入りは、なんといっても中国茶(青茶)。中華街で買いすぎて冬の間に消費しきれなかった。ホットでも美味いですが、この夏初めて知りました。水出しにしてもいけるということを。それと黒豆ほうじ茶。少し古くなったものがあったので…これまた香ばしくて美味!

そしてここ数日はまっているのが、そば茶+緑茶ブレンド。普通の緑茶でも十分おいしかろうと思いますが、要は甘みがよく出るお茶や香ばしい風味のお茶がなかなかよろしいようです。

水出し茶

写真は、最後に挙げたそば茶+緑茶ブレンド。
使用するのは、ホームセンターで買った水出し茶用の1リットル容器。フタにフィルターが付いています。説明書きのレシピには、茶っ葉を6杯から7杯、水で満たして冷蔵庫で一晩とあります。

おおむねそんな感じですが、とくに中国茶はじっくりとよく出るので、7杯から8杯入れて二回くらい出していますね。葉っぱがびよーんと開ききってもうダメー、あたしダメ。何を言っているんだ! おまえならまだできる! 実力のすべてを出し切れよ! ってなるまでこきつかい、用が終わって不要になったらぽいっと捨てます。私はそんな人間なんです。

…何を言っているの、そんなこと無いわ!
私知ってるのよ。サルさんたら、ホットで一回出したそば茶の殻を、もったいないからってそば茶の出し殻チャーハンにしたりしているのよ! ちょっといいひとなのよ!

そば茶+緑茶の割合はそうですねえ、緑茶の風味を多めというならそば6に緑茶4、そば大好き! ならそば7.5に緑茶2.5というところでしょうか。

というわけで冷茶、おためしください。
一回煮出したりしなくてよいし、朝出勤前に茶っ葉入れてお水入れて放置するだけなのでお手軽なはず。ちなみに、お水は竹炭入りのヤカン水を使っております。美味しいですよ。

過去、旧ブログのほうで冷茶について書いたのは「水出し緑茶のうまいこと。 [2006-07-10]」「冷やしジャスミン茶あります [2009-07-05]」の二記事。お湯で淹れて氷で割る方法は確かに美味いんだけど、ちょい手間がかかるし、氷を十分用意しなくてはならないですからねー。