ライフログ、ネットログ、アーカイブ。振り返るためのサービス「memolane」を使う ※サービス終了

ライフログ、ネットログ、アーカイブ。振り返るためのサービス「memolane」を使う ※サービス終了

このサービスは終了しました。
「インターネット上のタイムマシーン」サービスを提供してきたMemolane、突然のサービス停止をアナウンス | TechCrunch Japan

最初からライフログのサービスを探していたわけではないのです。単に非公開Twitterアカウントのログを取れるサービスってあるのかなーと思ったからなんです。サービス発足当時も全然知りませんでしたし、アンテナにも引っかかっていなかったという。

今回も長いです。
ので、概要を知りたい方は下の一文だけでお帰りになってかまいません。

memolaneってのは、TwitterやらFacebookやらInstagramやらのWebサービスのアカウントと紐付けたりRSSを登録したりすることで、それらのログをまとめて時系列で閲覧することができるサービス。人のレーンをフォローする仕組みはあるけれど、あまりそこに重点は置かれてないんではなかろうか。

いわゆる「アグリゲートサービス」のひとつですが、私がすぐに思い当たるのはFriendFeedですね。Twitterに限っていえばTwilogを使う方も少なくないかと思うけど、あれにFacebookなどのアカウントも登録できる感じ、といえばイメージ沸くかな。

memolaneは、組み合わせ(レーン)を複数作って固有のURLを持たせることができるのが特徴。またそれぞれに公開非公開、サービスによっては投稿のプライバシー設定を引き継ぐこともできるので、多い日も安心なんですね。意味不明ですね。

salchuのある日のmemolaneのビュー

Twitter、Facebook、Tumblr、Flickr、Instagram、YouTube、そしてRSS(ブログなど)を試しに入れてみました。ベースとなる全部入りのレーンは「All memories」という名称になります。

memolane - All memories

ひとつひとつの投稿がバルーンの形で表示され、左へスクロールすると過去、右端が現在のpostとなります。Tumblrのような画像投稿やサムネイルがあるものは勝手に取ってくれますね。(このサービスもTwitterのガイドライン変更の影響受けるんでしょうかね)

いつか買った本…と思って試しにやってみたら、中身まで検索してくれたのは助かりました。どこからかは見つかる横断検索の強み。もちろんそれが全部、どれかのサービスでpostしてあることが前提になりますけども。

※ただしTwitter検索については、登録した時期も前なのでログ件数の関係上、どうしてもTwilogに分があります。

編集と各種設定

memolane - メニュー(クリックで拡大)

登録、ログインした状態だと右上にメニューがあります。ここからサービスを登録したり、アカウント情報を編集したり。

memolane - 連携できるサービス(クリックで拡大)

連携できるサービスはTwitter、Facebook、Tumblr、Google+、Instagram、Flickr、Picasa、YouTube、Forsquare、Soundcloud、Last.fmなどなど。ここにないサービスもRSSを吐いていればOK。

ここに名前のある(Twitter以外の)サービスは、登録当初から最新まですべてのログが読み込まれます。RSSについては、もちろんそのときRSSにある情報しか取得できません。そして以後は蓄積されていきます。

投稿のプライバシー設定

memolane - プライバシー設定(クリックで拡大)

ここもポイント。連携済みのサービスの「編集する→プライバシー設定」で公開/非公開などを選択できます。画像は、Facebookで「プライバシー設定を引き継ぐ」場合の例が表示されているところ。

Twitterは公開・Twitterのサブアカウントは非公開、Facebookは友達のみ、YouTubeは非公開…のように、誰もが見える形でmemolaneに表示されるのか、閲覧制限がかけられるのかが決められるわけです。(「プライバシー設定を引き継ぐ」設定は全部にはない)

ただGoogle+の場合は、サークル宛てのような限定postは反映されなくて、「一般公開」のログしか取らないようです。

Twitterを例に取ると。

  • 公開されているアカウントの場合。実質「公開」か「非公開」のみ。
  • フォロワーさんがいてやり取りのある非公開アカウントの場合。「友達」にしておけば、不特定の人に見られる心配はありません。もしくは「プライバシー設定を引き継ぐ」でもいいんだろうか。(今鍵アカがないのでわからない)
  • 完全に自分しか見えない非公開アカウントの場合。「非公開」にしておけば自分以外には見えません。

レーンはいくつも作れる

上にも少し書きましたが、例えば公開用とか、FlickrとInstagramだけとか、組み合わせ=レーンを複数作って保存しておくことができます。

memolane - サービス選択(クリックで拡大)

ここでチェックをオンオフすれば、サービスを絞り込むことはできるのですがー。

どのレーンを表示させている時でもよいのですが、該当のものを表示させたら「保存する」をクリックすると、名前をつけてレーンを保存することができます。ファイルの別名保存のイメージ。

memolane - 初期画面(クリックで拡大)

ログインしている状態でmemolane.comにアクセス(初期画面)すると、自分が作ったレーンが表示されます。

抽出保存=レーン、みたいな感じかなあ。

いつ投稿が反映されるのか

さきほどFriendFeedやTwilogを挙げましたが、特にFriendfeedのように投稿がストリーム状態ですぐに反映されるわけではありません。その点を@memolaneさんに質問したところ、

とのことでした(Pinterestの件は、現状対応なしだそうです)。最新の状態にしたければ、サービス編集画面で「新しいコンテンツを取得する」操作をする必要があるわけです。

要は、あくまでも「振り返る」ためのサービスなんですね。その点を踏まえていれば非常に便利だと思うし、連携サービスも多いのでネットのログを総括して見るには良いサービスだと思います。

また、TwitterのpostにRTやふぁぼも通常のツイートと同じ形で並ぶこと・マルチアカウントで登録はできるけれどTwitterならTwitterのオンオフしかない、RSSも全部「RSS」のオンオフしか無い点などを指摘した件では、

という回答もいただきました。

写真共有サービスの振り返りやTwitter非公開アカウント使いの方に。

TumblrやInstagramやFlickrなどは、サービス登録時から最新のものまですべて取得できるのが強みですね。時系列に表示されるサムネイルはとても見やすいです。もちろん、InstagramをTumblrやFlickrに…とマルチポストしている方はダブって出ますので、この手のサービスを使うときには微妙。って、マルチポスト先だけ登録すればいいのか。あほですね。

ピンポイントでアクセスしたければ http://memolane.com/username#services=flickr のような決め打ちのURLもあるし、上述したように写真共有サービスオンリーのレーンを作るもよし。思い出に浸るのにもうMemolaneだけあればいいんじゃないか?という話。 | 日常を切り取ってキュレーション|kawazoezoe.comで書かれているように、Flickrを振り返るのには本家よりも素敵サービスだと思いましたよ。

また、Twitterの非公開アカウントの場合にはTwilogが使えないので、こちらのサービスは手頃でおすすめだと思います。登録するだけでいいんだし。

ライフログアプリはiPhoneでもいくつかありますが、むしろこういったものはPCでゆったり観たい。むろん、iPhone/iPad版アプリが出るというならそれはそれで歓迎ですけど(笑)

また「ライフログを貯める」だけならいくつかのサービスを組み合わせてEvernoteに送ったりもできますが、私自身がEvernoteをそういうふうに使う趣味がない。ということで、今回はWebで簡単に登録できるサービスを探してみた次第です。

参考URL