猿もRSS全文配信変換サービスを使ってみむとするなり

2014年9月18日Webサービス猿もしてみむ

なんでこんなことを今まで知らなかったのか。
本当はみんな知ってたんでしょ。知ってて教えてくれなかったんでしょ。信じてたのにひどい、バカっ、もう別れてやるぅー! …嘘、別れたくないっ…ぐすんぐすん…

うぜえ。あ、こんちは。そんなこんなでRSSの話です。

sss(クリックで拡大)

RSSを購読するときに大事なこと、それは全文配信しているフィードが望ましいということ。

んー、パソコンではそんなに気にならないか。正確に書くと、スマホのRSSリーダーアプリで閲覧しているときかな。購読フィードが部分配信の場合は、元サイトへ飛ぶしかなかった。私は地下鉄移動が多いので、キャッシュしてくれないと困ることも多くて。

特にニュースサイトは大半がそんな感じなんだけれど、そもそもニュースサイトなんてRSS購読した日には油断したらすぐに未読が数千件になっちゃう。即時性のあるニュースはタイトルだけでも見られればとりあえずいいや、とTwitterのリストや検索保存に切り替えてしまいましたけど。

でもまだ、あんなブログやこんなサイトのRSSが部分配信なのん…困ったわ…って思ってました。今までは。

そのためのRSS全文配信サービス。
NO CHARGE, NO ADS. とても素敵なサービス。

RSS部分配信→全文配信変換。fullrss.net & Full Text RSS Feed

試してみたところ、この2つがあればほぼ完璧かなと。

fullrss.net

fullrss.net

部分配信フィードを全文配信フィードに変換、RSS 1.0/RSS 2.0/Atomに対応、ご利用は無料。

LDRFullFeed及びAutoPagerizeから該当する本文の場所を特定しています。該当する情報がない場合、字句解析により記事から本文の場所を特定しています。本文の場所を特定できた場合に全文取得します。作成元のフィードにより本文の場所を特定できない場合があります。(fullrss.net

Full Text RSS Feed // Get the whole feed and nothing but the feed

Full Text RSS Feed // Get the whole feed and nothing but the feed

Regain control of your feeds and get the full text of every article, blog post and story!

とある部分配信フィードをこれにかけてみます

にっこにこでない(クリックで拡大)

部分配信フィード…を通り越してタイトルしか吐いてくれていない、とあるサイトさん…。寂しい、とてもさびしい…。

fullrss.netで変換(クリックで拡大)

[fullrss.net] こちらは国産のサービスでして、各種リーダーへのリンクなども付いて親切ですわ。「Rssフィードを全文に変換しました」のhttp://fullrss.net/から始まるフィードを登録すればOK。

※たまたま試したはてなの人気エントリのフィードは、fullrss.netでは取れませんでした。

Full Text RSS Feedで変換(クリックで拡大)

[Full Text RSS Feed] いっぽうこちらは簡潔。http://fulltextrssfeed.com/ から始まるフィードURLを登録すれば…

あれ?

これもしかして(もしかしなくても)部分配信フィードの頭にURLくっつければいいだけ…ですね…。うん。そういうこった。

スマホのRSSアプリで記事を読むぶんには本当にありがたいサービスです。いっぽう、企業サイトやアフィリエイター側から考えるとページビューや広告収入への道をバッサリ断ち切ってしまうサービス。まあ、全体に影響するほどのパーセンテージでこの手のサービスが使われたらの話ですけど、それは無…..

(参考)Geekなぺーじ:RSS全文配信/部分配信

これでもう寂しくないね。わたし、一人でも生きて行けます! ありがとうみんな!