「vingow」久しぶりのニュースアプリでゆるい情報収集をしてみよう

2015年4月18日iPhone/iPad/スマホ, WebサービスAndroid, iPhoneアプリ

忘年会のビンゴではいつも辛酸を舐めさせられております。
人生に一度くらい、一等を当てたい。見ておれ今年こそ。

はてブをだらだら眺めていたら、3行でよろ! どんなニュースも3行にまとめる『vingow(ビンゴー)』の要約がすごい | TABROID(タブロイド) というエントリで気になったvingow。

…ビンゴにまつわる苦い思い出は置いておいて、アプリの話です。

ネットで情報を得る手段としては、ニュースサイトそのもの以外ならRSSやTwitterなどが主。前にSmartNewsっちゅうニュースアプリをすこし使ってもみましたが、結局習慣が根付くことなくアンインストールしてしまいました。のですが。

…そういえばSmartNewsって一時期、全文転載が問題になっていましたけど、その後決着付いたのかな。メディアとも提携を拡大しているみたいだし。(SmartNewsは何が問題なのか – 最終防衛ライン2, ニュースアプリ「SmartNews」、Impress Watchや東スポなど専用チャンネル追加 -INTERNET Watch

vingowの場合、Android版やWeb版では元記事に飛ばないと全文を読めません。iPhone版のすっきりブラウザについても、単なる簡易表示をしているだけで広告もそのまま、スマートフォン対応されていないページは元記事を直接表示していますし、問題はないかとー(お気に入りに入れたものは読み込んでキャッシュしてますけど)

寄り道しましたが本題の( ゚д゚)ビンゴー

vingow news(ビンゴーニュース) - ニュース記事を自動で要約&収集。新聞・雑誌記事のビジネス経済、地震災害、就活情報まで無料のキュレーションアプリ

vingow news(ビンゴーニュース) – ニュース記事を自動で要約&収集。新聞・雑誌記事のビジネス経済、地震災害、就活情報まで無料のキュレーションアプリ App

価格: 無料, 開発: JX PRESS Corporation(公式サイト), カテゴリ: ニュース

条件: iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 5.0 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

一言で書くと、気になるキーワードを指定しさえすれば自動でニュースを集めてくれて、「今きた、三行で」「おk」と要約表示してくれて、お気に入りに入れたりSNS共有したりできるアプリもしくはサービス。一言じゃない。

また、お気に入りに入れることによって学習して自分好みになっていくそうです(あなたに合わせて進化するニュース収集アプリ「vingow(ビンゴー)」 – 今泉兄弟のOH!NEW?)。お手軽だしとっつきやすいので「RSSリーダーはよくわからないけど興味のある情報は欲しい」方には最適かな。

とりあえずiPhoneアプリから使ってみますかね。
TwitterやFacebookログインもありましたが、今回はメールアドレスでアカウントを作成しました。同じログイン方法を使うことで、各プラットフォームでお気に入りやフォローしたタグが同期されます。

インストール後にタグ(キーワード)を4つ選ばないと次に進めないんだけれど、これは後からでも編集や追加ができるので適当に。

ぱっと見のインタフェースは、記事が新着順に並び、左からはスライドメニューが出てくる、今となっては基本形のスマホアプリビュー。

「タグを追加」をタップするとトレンドを反映したおすすめタグ一覧が出るので(検索は右上のボタンから)、そのときどきでとっかえひっかえやったらよいよね。

いじってみましたけど、このアプリって動線がすごく自然なんです。特にiPhone版。

一覧をスクロールして、気になる記事があればタップして要約を眺めて。そのまま記事も読みたければ、要約表示のタイトル部分をタップすると「すっきりブラウザ」(名前があれだが)。

右スワイプで前画面に戻り、気になるタグがあれば追加し、後で読みたければお気に入りやRead it Later、SNSやEvernoteやLineなどへ共有したり。という流れが下のキャプチャ。

ストレスのないページ遷移。詰め込んだ感もなく、無理がなくわかりやすいインタフェース。アプリとしてよくできてるわーって感心しました。TwitterやFacebookはもとより、EvernoteやLINEにも共有できるのがよいです(使わないけど)。

てことでiPhone版だけの機能をおさらい

  • iPhone版のみ「すっきりブラウザ」(装飾要素の非表示)機能
  • 一覧からタイトルをダブルタップすると要約すっ飛ばして直接記事が読める
  • 要約表示を右スワイプすると一覧に戻る
  • すっきりブラウザおよびノーマル表示をしているとき、ページ先頭で下スワイプすると要約表示に戻る。右スワイプすると一気に一覧に戻る
  • お気に入り記事はオフライン保存。だけど、裏で元記事を取得するのにいちいち通信しますね。オフラインで見られるけど、ずーっと「記事を読み込み中…」ってステータスがページ上部に出てる。

スワイプで戻れるのはiPhone版だけで、手に馴染むと遷移がしやすいんですが、Androidには戻るボタンがありますしね。

ひとつ残念なのは、iPhone版でお気に入りにいれた時にいちいちキャッシュ表示(というのかな)に変わっちゃうのが少し手間ですね。マークをつけるだけで良いのに、という。

Android版

対してAndroid版。vingow(ビンゴー) – Google Play

iPhone版にある「すっきりブラウザ」がないので、要約表示から全文を読みたいときは元記事を表示させることになります。っていう以外に書くことがないので次。

iPadビュー

iPadではWebと同じURL、https://vingow.com/ にアクセス。

iPadに最適化はされているけど、特別便利というわけではないですね。残念なことにiPhone版アプリはユニバーサルアプリではないんですが、そのうち出るんでしょうかね。

Web版

vingow Web版(クリックで拡大)

最後に、Web版はこんな見ば。Chromiumで見ています。一番しょっぱい(失礼だ)。

やっぱりスマートフォンだからこそ便利さが生きるという感じもあるので、Web版でも操作ができるということ自体が特長でしょうかねえ。環境がないのでわからないですがWindows8アプリもあるんですかー。へー。ほー。なんか微妙な(言わない

気になる要約っぷり

もういろんな記事で話題になっているので、一枚ペロンとだけ。

vingow 一覧→要約表示

適当な記事をタップしてみたんですけどもね。すごいね、わかるねこれだけで。

いろいろ見てみましたけど、「これは意味が通らないよー」みたいな劣化コピー状態の要約はなかったので、ここで戻るか、お気に入りに入れるか共有するかを振り分ける判断がしやすかったです。

あとは除外キーワード、除外URLなんかを設定できてもいいかもしれませんねー。という感じでvingowのレビューでした。