豚肉とじゃがいもたっぷりのトマトカレー

2015年9月14日料理Web屋の晩ごはん

毎度こんちは。もう月一度か二度くらい更新されるブログだよヨロシク! って書いておこうかなと思うウェブ屋クッキングのお時間です。

梅と一緒に美味しそうなじゃがいもが手に入ったので、「今日の夜はだらだら適当にメシ」が「俺は作るぜ俺は作るぜ」モードにシフトチェンジ。家にあった適当なルー、家にあった適当なトマト缶を使ってカレーを作ってみましたよ。

材料とレシピ

豚バラ切り落とし200グラム、じゃがいも小4個、玉ねぎ3個、にんにく1かけ、しょうが2かけ、唐辛子1本、ホールトマト缶1。適当なカレールー、ローリエ、バター、オリーブオイル、適当なジャム、ガラムマサラ(なくてもいいけど)。調理時間は、下ごしらえや野菜を切るの合わせると1時間くらい?

  1. 1 【下ごしらえ】しょうが、にんにくをみじん切り。玉ねぎは粗みじん。
  2. 2 バターひとかけをフライパンに落とし、じゅわっとしてきたら玉ねぎを投入。弱火でじゅわじゅわシナシナと10分から15分炒める。甘みが出ればいいので、けつね色になるまでやる必要もあるまい。
  3. 3 2. の鍋に少量オリーブオイルを足し、にんにく・しょうが・ローリエを入れ、唐辛子をばきばき手で割ってさらに炒める。
  4. 4 香りが立ってきたら豚肉、じゃがいもを入れて油をなじませる。豚肉の色が変わったら少量の水を入れて鍋のうまうま成分をこそぎ、深い鍋に移す。
  5. 5 4. の鍋にホールトマトの汁と、トマトを手でぶちぶちとつぶしながら投入。憎い上司のことを考えながらつぶすと飛び散るので注意したまえ。
  6. 6 ひたひたになるように水の量を調節。もったいないから、あいたトマト缶の中身も水入れて投入。
  7. 7 しばらく煮て具材がやーらかくなったらルー投入適当に。私はゴールデンカレーと、どっかで買ってきたカレールーを半々で入れました。
  8. 8 とろみが出るまで煮たら、ジャム大さじ1か1.5(注)、ガラムマサラをぱぱぱっ。チョイ煮て火を止める。
  9. 9 ごはんが炊けたらぶっかけて食うがいい!
  • :甘味が適当にあるジャムならなんでも。もしくはチョコレートでもいいし。

さて、いただきます。

豚肉とじゃがいもたっぷりのトマトカレー

考えてみたら、カレーにトマトを使ったのは初めてかなあ。なんとまあ見事に酸味が出るものなんでしょうねー、控えめの唐辛子とも相まって、コクはあるのに爽やか軽やかなカレーに。いや、なんてーのこれ、本当にうまい。うん。

ちなみに、私がカレーを作るときには残りを冷凍保存するのが前提なので、写真に写っているごろっとしたじゃがいもは初回に食べる用です。あとは煮崩れるように、小さいサイコロに切ってあります。

やーもうこのじゃがいもがね。本当うまくって。普段はちゃんと皮を剥くんですが、あまりに美味しそうなのでまんま使いました。皮うまい。

このトマトベースのカレーなら「夏カレー」的な感じで、野菜をふんだんに使ったカレーにするのが良いと思います。ゴーヤとか、おナスさんとか、ピーマンとか、ブロッコリーとか、よおく合うと思うなあ。ではでは!